Solid Edge 動作環境

製品情報

Solid Edge 動作環境

オペレーティングシステムの要件と情報

Solid Edge 2019 は、以下の環境で動作することが保証されています。

 

  • Windows 10 EnterpriseまたはProfessional (64ビットのみ)バージョン1709またはそれ以降
  • Internet Explorer 11
    ※Solid EdgeはWindows 10 ブラウザであるMicrosoft Edgeには対応していません。
  • Microsoft Office Professional 2013、Microsoft Office Professional 2016、またはMicrosoft Office 365

 

【注記】

※ Solid Edge 2019 は64ビット専用です。32ビットのサポートはSolid Edge ST6で終了しました。

Solid Edge 2019は、Windows 7またはWindows 8.1にインストールする最後のリリースです。

※ Windows Home及びWindows RTはサポートしていません。

※ Microsoftがメインストリームサポートを終了したオペレーティングシステムについては、Solid Edgeの動作確認を行っていません。

※ Microsoftは、2015年1月にWindows 7のメインストリームサポートを終了し、2018年1月にWindows 8.1のメインストリームサポートを終了しました。

※ Solid Edge 2019 は、Windows 7およびWindows 8.1へのインストールを継続しますが、Windows 7およびWindows 8.1に固有の問題が発生した場合、Microsoftからサポートを求められても、 当社では修正プログラムの提供は保証できません。

 

 

 

ハードウェアシステムの要件

推奨システム構成
  • Windows 10 EnterpriseまたはProfessional (64ビットのみ)バージョン1709またはそれ以降
  • 8GB以上のRAM
  • True Color(32ビット)または1600万色(24ビット)
  • 画面解像度:1280×1024以上

 

最小システム構成
  • 以下のオペレーティングシステムのいずれかとなります。
    Windows 10 EnterpriseまたはProfessional (64ビットのみ)バージョン1709またはそれ以降
    Windows 8.1 ProまたはEnterprise (64ビットのみ)
    Windows 7 Enterprise、Ultimate、またはProfessional(64ビットのみ)サービスパック1
  • 4GB以上のRAM
  • 65,000色
  • 画面解像度:1280×1024以上
  • Solid Edgeをインストールするには6.5GB以上のHDDの空き容量が必要です。

 

※Solid Edge 2019オペレーティングシステムおよびサードパーティーサポートの詳細については、下記「ハードウェアおよびソフトウェア認証Webサイト」を参照してください。

http://www.plm.automation.siemens.com/en_us/support/gtac/certifications.shtml

 

 

 

セキュリティの要件

シーメンスの製品およびソリューションは、セキュリティをより強化するために、絶えず進歩しています。

シーメンスは、製品の更新が利用可能になったらすぐに適用すること、また製品の最新バージョンを使用することを強く推奨します。サポートされなくなった製品バージョンを使用した場合、および最新の更新を適用できなかった場合、お客様はサイバー攻撃の脅威にさらされる危険性が高まる可能性があります。

Solid Edgeを起動したとき、「コンピュータにapi-ms-win-crt-heap-l1-1-0.dllがないため、プログラムを開始できません」というシステムエラーメッセージが表示された場合、通常、問題は、現在の必須およびオプションのWindows Updateに対してオペレーティングシステムが最新でないことです。このエラーは、Win 8.1およびWindows Server 2012 R2で多く見られます。

問題が確実に発生しないようにするには、必須およびオプションの両方の更新を含むWindows Updateを使用して、現在のすべてのWindows Updateがインストール済みであることを最初に確認する必要があります。必須の更新をすべて実行した後、コンピュータを再起動して、変更を有効にしてください。

具体的には、以下の更新のダウンロードとインストールを確実に完了する必要があります。

 

  • KB2999226 (WindowsでのユニバーサルCランタイムの更新)。

 

※すべての更新をインストールした後、システムを確実に再起動します。問題が続く場合はお問い合わせください。

 

 

 

表示システム要件および情報

最適なパフォーマンスを得るには、CADアプリケーション用に設計されたプロフェッショナル向けグラフィックスカードを使用してください。
Solid Edgeおよびその結果のテストに使用するカードの詳細については、下記「ハードウェアおよびソフトウェア認証Webサイト」を参照してください。

http://www.plm.automation.siemens.com/en_us/support/gtac/certifications.shtml

 

【注記】

※大規模なアセンブリまたは複雑なパーツの作業を行う場合は、256MB以上のグラフィックスカードを推奨します。

 

きわめて高い画面解像度とカラーデプスを使用して実行すると、システム上のメモリ要件が高くなり、パフォーマンスが著しく低下する可能性があります。
そのようなことが生じた場合は、解像度とカラーデプスを下げて、パフォーマンスの改善を図ってください。

 

Solid Edgeを実行しているときに、頻繁にアボートしたり、パーツが表示されなくなったり、その他のグラフィック表示に問題がある場合は、使用しているグラフィックスカードが適切でない可能性があります。
詳細については、下記「サポートWebサイト[Certification]ページ」を参照してください。

http://www.plm.automation.siemens.com/en_us/support/gtac/

 

表示文字サイズを「大」または「最大」(96dpi以上)にすると、Solid Edgeのユーザーインターフェイスアイテムが開発意図通りに表示されない場合があります。
これらの問題を解決するには、標準フォント(96dpi)を使用してください。

 

ワイドスクリーンのコマンドリボンレイアウトは、Solid Edgeで使用されます。このコマンドリボンレイアウトは、1920ピクセル以上に設定された水平解像度のスクリーンを最適化します。
Solid Edgeは、お客様の解像度を自動的に検出して、コマンドリボンのレイアウトを水平解像度1600ピクセル以上で開始するワイドスクリーンに設定します。
1600ピクセルと1920ピクセルの間の解像度では、コマンドリボンの右側の幾つかのグループは、折りたたまれて表示されます。

インターネットからは24時間受付

価格や仕様など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。