HyperWorksのご紹介

製品情報

 

HyperWorksのご紹介

HyperMeshが、「HyperWorks 2020」としてリニューアル!
HyperWorks 2020 は直感的な操作、日本語メニュー表示、見やすいヘルプ、HyperWorks製品の統一した環境による使いやすいCAEプリプロセッサです。FEMAPに比べて使いやすく、作業効率がアップする機能をご紹介いたします。

 

 

 

HyperWorksの優れた操作性

  • point1

    HyperWorks 2020 は直感的な操作でジオメトリの作成が可能。
    画面の寸法をクリックするだけで、簡単に寸法を変更することが可能。

  • point2

    自動ツールで中立面の作成が可能。
    板金モデルや、リブ付きのモデルでも簡単に中立面を作成することが可能。

  • point3

    従来の中立面ベースでメッシュ作成していた時間が大幅に削減。
    板厚の割り当てコマンドより、板厚の設定も自動で行うことが可能。

  • point4

    複製されたメッシュは元の要素を置き換え、プロパティ、板厚、その他のソルバー属性などの関連情報を維持。
    複製したメッシュの繋ぎ目のメッシュは、再構築のコマンドで簡単に修正が可能。
    メッシュサイズが決まっているモデルの作成、修正に最適。

  • ジオメトリやメッシュをCADのようにマニピュレーターを使って、直感的に移動することが可能。

  • 製品のお問い合わせ
  • 派遣求人
  • サポートサイト
  • International TechneGroup
  • CADfix
インターネットからは24時間受付

製品の導入や価格など、お気軽にお問い合わせください。