Solid Edge ST9 新機能

製品情報

Solid Edge ST9 新機能

3Dスケッチポイント

他のコマンド内でキーポイントとしても使用できる、3Dポイントコマンドが追加。

3D空間でクリック、ジオメトリックキーポイントの選択、XYZ座標の入力のいずれかにより作成できます。

 

座標での入力

 

 

 

 

ソリッドスイープ

ソリッドボディから、突き出しを作成したり、他のソリッドボディをカットしたりする、新機能です。フライス盤のような工作機械オペレーションに役立ちます。

 

 

 

POINT

ソリッドボディから突き出し、他のソリッドボディを使用したカットが可能になったことで、これまで以上に複雑かつ実物に近い形状の作成ができるようになりました。

 

 

 

アセンブリ幾何関係マネージャ

アクティブなアセンブリ中の、幾何関係の一覧を表示することができるようになりました。

編集、削除、抑制が行え、フィルタリングも可能です。

 

 

POINT

タイプ/ステータスによるフィルタリングが可能なため、目的の幾何関係を素早く一覧できる、新規コマンドです。

 

 

 

四角形要素を最大化

曲面メッシュにのみ適用できる、新たなオプションです。

三角形要素の数を最小に、より解析が正確な四角形要素を最大にする機能です。

ボタンひとつで、より精度の高い解析が行えます。

 

 

 

 

 

Solid Edgeパックアンドゴー

新しい機能、文書のセット/全体をコピーするための簡単な方法が、パックアンドゴーです。

アクティブなアセンブリの、関連データ全てを簡単に単一フォルダにコピーできます。図面やシミュレーションデータなども含め、フォルダ構造を維持できます。

重複するファイル名がある場合には、自動でリネームを行います。

アセンブリデータの授受がより効率的になりました。

 

 

 

POINT

テーブルをクリックすることで、該当するパーツやアセンブリモデルのプレビューを見ることが

可能です。

 

POINT

Solid Edgeをご利用中のお客様は、ヘルプ内に新機能を紹介した「Solid EdgeST9の新しい機能」がありますので、そちらをご参照ください。

 

 

  • 製品のお問い合わせ
  • 派遣求人
  • サポートサイト
  • SolidEdge 事例紹介
  • International TechneGroup
  • CADfix
インターネットからは24時間受付

製品の導入や価格など、お気軽にお問い合わせください。