PATRANユーザー様向け
CADfixデータ修復キャンペーン

 

データ変換でモデルが壊れていませんか?

 

CADからCAD、CADからCAEなど、異なるソフトウェア間でモデルをやりとりしたい場合、モデルデータが壊れてしまう恐れがあります。
実際にデータ変換時に壊れてしまったCADジオメトリデータを、無料で弊社にてお預かりし、修復および検証をさせていただくキャンペーンを実施いたします。

 

修復に利用する、データ変換ソフトであるCADfixのセミナーを5月30日(火)に開催いたしますので、データ修復をご希望の方はCADfixデータ修復セミナーにご参加ください。

(詳細情報、お申し込みはこちらをご参照ください。)

また、ご希望のモデルデータがなくても、セミナーにはご参加いただけます。

 

データ修復は先着5社限定ですので、お早めにお問合せください。

※お預かりしたデータはセミナーをはじめとして許可なく公開することはいたしません。

 

 

CADfixデータ修復セミナー

詳細情報、お申し込みはこちらをご参照ください。

 

 

修復希望モデルの依頼受付期間

2017年4月27日(木)~ 2017年5月29日(月)

 

 

修復モデル受付数

先着5社

 

 

CADfixデータ修復セミナー定員

20名

 

 

対象のモデルデータ

 

Format Import Export
IGES
3D PDF
3D Studio Max OBJ(ファセット)
ACIS SAT( version R26以下)
ANSYS(ASCII.anf ファイル)
CADDS(version 5i R15)
CATIA V4
CATIA V5  (version R8~R26 [V5-6 2016])
CREO(version 3またはWildfire 3~5)
DXF/DWG(AutoCAD versions 14 & 2016以下)
Inventor(version 7~2016) ×
JTOpen
NASTRAN(.nasメッシュデータ)
NX(version 4~10.0) ×
Parasolid(version 13~28)
SOLIDWORKS(version 98~2015) ×
STEP(version AP203, AP214, AP242)
STL
Tecnomatix MPL ×
VDA-FS