Radioss詳細

製品情報

Radioss詳細

メリット

安全性、品質、ロバスト性

Radiossの高度なマルチプロセッサソリューション(ハイブリット超並列処理)は、大規模で強い非線形の構造シミュレーションに対して、業界で最高のスケーラビリティを実現しています。特別な実装手法により、並列計算で使用されるコンピューターのコア数、計算ノード数、またはスレッド数に関係なく、結果の完全な再現性を保証します。こうしたRadiossならではの利点により、クラスターのメリットを生かし、最適化手法を短時間で実行することができます。高品質のソフトウェアゆえに、結果の数値の分散が極めて最小限に抑えられます。

 

 

衝突解析・乗客安全解析・衝撃解析の業界標準

Radioss は30年以上にわたり、衝突/安全/衝撃解析に関するリーダーとしての地位と業界標準を確立しています。ユーザー数は現在も驚くべき割合で増加を続け、1000社を超える企業がRadiossを使用しており、その40%は自動車産業のお客様です。またRadiossは5つ星評価の衝突解析ソフトウェアとしてランク付けされています。自動車や航空機の衝突・衝撃シミュレーションなど、複雑な状況における設計の挙動の理解と予測に対するRadiossの貢献が評価されています。

 

 

「画像提供:アルテアエンジニアリング株式会社」

 

 

包括的な材料および破壊ライブラリ

Radiossには、300を超える組み合わせの包括的な材料および破壊ライブラリが備わっています。相互関係のある材料則と破壊基準には、コンクリート、発泡体、ゴム、スチール、複合材、生体材料などに関する定義が含まれており、どの材料にも複数の破壊基準を適用できます。

 

 

高度なマルチフィジックスシミュレーション

Radiossでは、ラグランジュ型有限要素のほかにも、Euler、Arbitrary Lagrangian Eulerian(ALE)、粒子法解析(SPH)、有限体積法(FVM)などの技術を使用しています。Euler法、ALE法、SPH法の定式化によって、複数の流体を考慮に入れた流体-構造連成(FSI)シミュレーションが可能になっています。

 

 

「画像提供:アルテアエンジニアリング株式会社」

 

 

機能

解析タイプ
  • 非線形陽解法動的構造解析
  • 非線形陰解法構造解析
  • 陽解法計算流体力学(CFD)
  • Euler、Lagrange、Arbitrary Euler-Lagrangian(ALE)定式化
  • 粒子法解析(SPH)
  • 有限体積法(FVM)ベースのエアバッグシミュレーション

 

 

主な機能
  • 3次元シェル要素とソリッド要素
  • 剛体、バーとビーム、高度なスプリング要素
  • 構造の接触インターフェース、流体および流体-構造連成解析
  • 様々な破壊モデル(XFEM)状態方程式、熱挙動を含む大規模な材料ライブラリ
  • あらゆる種類の境界条件(与えられる運動、与えられる力と圧力、初期状態など)
  • 流体に特有の境界条件(流入、流出、サイレントなど)
  • 逆流ベントホールを使用した有限体積法(FVM)ベースのエアバッグシミュレーション
  • センサー、要素のアクティベーションまたは非アクティベーション

 

 

「画像提供:アルテアエンジニアリング株式会社」

 

 

セーフティーモデル
  • 正面、側面、後面衝突の大人と子供のモデル(Humanetics社との提携によって開発)
  • 歩行者インパクター
  • 人体ダミーモデル
  • 正面、側面、後面バリア( CellBond社との提携によって開発)
  • IIHS-RCAR バンパーバリア

 

 

 

  • 製品のお問い合わせ
  • 解析求人
  • サポートサイト
  • International TechneGroup
  • CADfix
インターネットからは24時間受付

製品の導入や価格など、お気軽にお問い合わせください。