Solid Edge 新機能

製品情報

Solid Edge 2019 新機能

本バージョンより、Solid Edgeリリースの識別に使用される命名規則が変更されました。

Solid Edge ST10の次にリリースされた本バージョンは、Solid Edge 2019です。

熱流体解析を始め、ジェネレーティブデザインやリバースエンジニアリングの機能強化も行われた、新しいSolid Edgeをお試しください。

Solid Edge 2019新機能の一部をご紹介いたします。

 

 

 

アセンブリ

主にアセンブリをハンドリング中の、操作パフォーマンスを上げるために使われていた「単純化」機能が、自動化されました。

目的のパーツやアセンブリを選択するだけで、それらを単一化したボディの作成ができます。

内部の空間を埋めるためのオプションが備わっているので、機密情報を隠した他社とのモデルデータの共有にも役立ちます。

 

 

POINT

単一化したボディを、ひとつの独立したパーツとして保存、利用することができます。

 

 

ジェネレーティブデザイン

Solid Edge ST10より登場したジェネレーティブデザインが、更に便利になりました。

新しい境界条件の設定や、同じ解析内で、複数の拘束と荷重の組み合わせを適用できる機能などが追加されました。

押し出し方向をあらかじめ設定することで、3Dプリントでしか再現できないような形状の算出を防ぐこともできます。これにより、従来通りの加工法で再現できるデザインで、最適化を行うことができるようになりました。

 

 

 

 

新しい拘束条件、[変位拘束]コマンドは、変形が発生する前に、指定した方向に指定した距離だけ、面またはフィーチャを移動することができます。

 

他の荷重と共に、ボディ全体に適用する重力を定義できるようになりました。

 

 

 

境界条件の複数の組み合わせを定義できる、[荷重ケース]の機能です。

実際のパーツは、ある場合ではX方向に、また違う場合ではY方向に、といった様々な種類の荷重が加わります。[荷重ケース]を使用して、多くの異なる条件を指定することで、どの組合せの条件下でも最適化されている結果を得ることができます。

 

 

 

内部に空間を作成しないようにしたり、材料の押し出し方向を決め、その方向の断面厚さを一定にしたり、3Dプリントに頼らない、従来の製造方法に適した最適化を行えるようになりました。

 

 

POINT

Solid Edge ClassicおよびPremiumライセンスに含まれている、ジェネレーティブデザインの無料バージョンには、機能制限がありますのでご注意ください。最適化形状をモデリング、リバースエンジニアリングまたは3D印刷用に使用したい場合は、Generative Design Proが必要です。

詳しくはインターメッシュジャパン株式会社までお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

 

リバースエンジニアリング

メッシュボディ(STLデータ)をデザインボディに変換する機能、リバースエンジニアリングを、更に少ない時間で活用できるようになりました。

Solid Edgeのリバースエンジニアリングは、インポートしたメッシュ形状にフィットするサーフェスを作成し、サーフェスの形状を整えて、ソリッドモデルへ変換します。このサーフェス形状の修正、およびソリッドモデルに変換する工程を自動化しました。

 

 

 

POINT

今まで必要だった、サーフェスに対するトリムや延長などの操作を大幅に削減できます。

サーフェスに囲まれた閉じた領域が複数ある場合は、ソリッドモデルに変換する領域を取捨選択することも可能です。

 

 

CFD

Solid Edgeと同じGUIで熱流体解析(CFD)が行える、 FloEFD™ for Solid Edgeがアドオンできます。

FloEFD の「EFD」とは工学的な流体力学の略で、 FloEFD for Solid Edgeでは従来のCFD(数値流体力学)のツールのような、高度な熱流体解析専門の知識は不要です。

 

 

インターメッシュジャパン株式会社では、FloEFD™ for Solid Edge専用の製品ページを公開しております。 FloEFD™ for Solid Edgeの特徴や解析対象物、使用しているテクノロジーなど、多くの情報を掲載中ですので、合わせてご覧ください。

 

 

 

POINT

FloEFD™ for Solid Edgeは、Solid Edgeのフローティングライセンス版(Classic以上)にのみ、アドオン可能です。

 

 

シミュレーション

FloEFD™ for Solid Edgeだけでなく、以前よりSolid Edgeが対応していた「 Solid Edge Simulation 」も強化されました。

その中でも特に大きな強化は、解析タイプの種類の増加です。本バージョンより「過渡熱伝達」が解析できるようになりました。定常温度に達する前の、特定の時間増分での、熱的影響を解析します。

 

 

 

その他、メッシュ表示制御の操作性が良くなったり、ポスト処理に利用する[プローブ]機能が強化されたりしています。

 

 

POINT

現在の「 Solid Edge Simulation 」では、線形静解析、座屈解析、モーダル解析、定常熱伝導解析、過渡熱伝達解析、また、定常熱伝導解析と線形静解析あるいは座屈解析の連成解析ができます。

「 Solid Edge Simulation」が使用できるライセンスについてはこちらをご確認ください。

 

POINT

Solid Edgeをご利用中のお客様は、ヘルプ内に新機能を紹介した「Solid Edge2019の新しい機能」がありますので、そちらをご参照ください。

 

 

過去バージョン新機能一覧

Solid Edgeの過去バージョンで搭載された新機能はこちらからご覧いただけます。

 

 

 

インターネットからは24時間受付

価格や仕様など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。