Simcenter Engineering Desktop概要

製品情報

Simcenter Engineering Desktop概要

特徴

Simcenter 3D

Engineering Desktop

Your simulation hub

 

Simcenter 3D Engineering Desktopは、シミュレーションハブとして機能するプリ/ポスト環境のモジュール名です。 Engineering Desktopは、Simcenter 3Dがサポートするすべてのシミュレーション分野にリンクしています。

 

 

 

最高クラスのジオメトリモデリング機能

任意のパートを迅速かつ容易に修正可能

Simcenter Engineering Desktopには、ジオメトリ作成機能と操作機能は、CAEプリ処理環境で比類なき能力を発揮します。

Simcenter Engineering Desktopを使用すると、ジオメトリパラメーターにアクセスして、パラメーターを変更することができます。

その際、解析担当者は設計者と同じモデルを処理できるため、設計者との連携も強化されます。解析のプリ処理全体CADモデルに動的に関連付けることができます。

 

  • ロバストな解析環境内に強力なジオメトリエンジンを統合することで、モデリング時間を大幅に短縮
  • 関連付けられたシミュレーションプロセスの実装により、設計の繰り返しの迅速な解析が可能
  • すべての解析担当者と専門家がソルバー固有のモデルを準備し、アプリケーション固有のポスト処理を実行できる、習得しやすい共通プラットフォーム
  • 複合材構造の効率的なモデリングを実現するトップクラスの機能

 

 

 

任意のシナリオへの総合的なメッシング

最も困難な形状にもメッシュ作成

Simcenter Engineering Desktopは、最も困難なジオメトリおよびFEモデリングシナリオを処理できる包括的なメッシュ機能を提供します。強力な自動四面体メッシュを含む、ソリッド、サーフェス、エッジ、カーブのメッシュ作成用の自動ジオメトリベースのツールがあります。より制御されたメッシング要件のために、2Dマップメッシュおよび3Dスイープメッシュ機能も利用可能です。

また、堅牢な適応型メッシュ機能を使用してメッシュを自動的に修正することができ、より正確なソリューション結果が得られます。
ジオメトリベースツールに加えて、Simcenter Engineering Desktopには、インポートされたメッシュ、またはジオメトリに関連付けられていないメッシュを扱うための幅広いツールセットが用意されています。

 

 

 

  • 3D、2D、1D メッシュをサポートする自動的な形状ベースメッシング
  • 強力な自動四面体メッシング機能
  • 2D マップトメッシングおよび 3D スィープメッシング
  • 堅牢で柔軟性のあるファセットベースメッシング
  • 圧縮成型あるいは鋳物成形の薄板部品に対する強力な中立面抽出
  • 要素品質をコントロールするためのメッシュ制御の形状への割り当て
  • 梁および種々の結合手法の広範なサポート
  • 堅牢なアダプティブメッシング
  • インポートされたあるいは連携性を持たないメッシュの処理
  • 3D、2D および 1D メッシュのマニュアルメッシングツール
  • メッシュモーフィングによるレガシーメッシュの再利用
  • インポートしたメッシュからのファセット形状作成

 

 

総合的な境界条件ツール

完全なモデルセットアップ機能

Simcenter Engineering Desktopは、解析のためにモデルを準備するための総合的なツールを提供します。

独自のマテリアルを簡単に追加したり、それらのマテリアルを簡単に管理できるマテリアルライブラリが用意されています。プロパティは、ソルバ環境で定義された形式でユーザに提示されます。ソリューションとサブケースは、ナビゲータと呼ばれるデータモデルツリーを通じて簡単に管理できます。

 

  • 堅牢な特性管理‐材料特性、物理特性
  • モデルの構成‐メッシュコレクタ、メッシュ、 グループ
  • ソリューション / サブケース管理
  • あるモデルから他のモデルへの総合的な荷重マッピング‐「フィールド」
  • 空間的に変化あるいは時間変化する荷重の設定
  • コンディションシーケンス‐時間変化する式の入力
  • 式を介しての荷重と境界条件の相互関連付け
  • テスト荷重の総合的なサポート‐「ロードレシピ」の定義
  • モーション解析からの荷重の取り込み
  • 総合的なモデルチェック表示

 

 

 

 

 

 

堅牢で柔軟性のあるポスト処理

プロット、ビューおよびグラフを容易に処理

Simcenter Engineering Desktopは、ポスト処理のための堅牢で柔軟なツールセットを提供し、プロット、ビュー、およびグラフの作成と操作を容易にします。ポストプロセッサは、さまざまな結果フォーマットをサポートしています。 Simcenterソルバーだけでなく、Abaqus、ANSYS、MSC Nastran、ユニバーサルファイル、バイナリユニバーサルファイル、LS-Dyna、Permasの結果フォーマットもサポートされています。

Simcenter Engineering Desktopのレポート作成ツールは、Microsoft WordテンプレートとNX Openを活用して、モデルと結果のすべての側面を文書化することができます。レポート作成者は完全にカスタマイズ可能で、インタラクティブとバッチ作成の両方をサポートします。

 

  • 種々の CAE ソルバからの結果をポスト処理 (全ての Simcenter ソルバ、Abaqus、ANSYS、LS-Dyna、MSC Nastran、UNV、バイナリユニバーサルファイル、Permas)
  • テンプレートを使用して共有で使用するプロットや表示をすばやく処理
  • 「結果のプローブ」を含む、結果の数学的操作を豊富にサポート
  • 柔軟性のあるレポートライティングツール‐自動的にワードドキュメントを作成
  • 強力な XY グラフ機能

 

 

 

 

 

インターネットからは24時間受付

価格や仕様など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。