FloEFD for Solid Edge 概要

製品情報

FloEFD for Solid Edgeの概要

FloEFD for Solid Edgeとは

FloEFD for Solid EdgeはSolid Edge(CAD)に組み込まれた、設計者用のCFDツールです。そのため、Solid Edgeの使いやすいGUIで熱流体解析を行うことができます。

FloEFD の「EFD」とは工学的な流体力学の略で、 FloEFD for Solid Edgeでは従来のCFD(数値流体力学)のツールのような、高度な熱流体解析専門の知識は不要です。

 

 

 

主な特徴

  • 直感的・わかりやすい操作体系で、短期間での習得が可能
  • Solid Edgeの環境で、そのまま高度なCFD解析を実行
  • CADモデルを変更して、すぐに再解析可能
  • パラメトリック・スタディと設計比較機能で、what-if分析を簡単に実行
  • 流体領域を高速に自動認識
  • 独自のSmartCell™で、高速にメッシュを自動生成
  • すばやく信頼性の高い結果を導くソルバ

 

 

解析可能なもの

流れ
  • 2次元および3次元流れ
  • 外部および内部 (固体の内および/または上)
  • 定常状態および過渡状況
  • 層流、乱流、遷移流
  • 亜音速、遷音速、超音速、極超音速
  • 回転デバイスにおける流れ
  • ポーラスメディアにおける流れ
 
現象
  • 重力(浮力)の影響
  • 気相混合の燃焼
  • 気体相対湿度
  • 蒸気流れの凝縮
  • 液体流れのキャビテーション
  • 搬送流体のトレーサー、液体、粒子
  • 流体内、流体と個体間の熱伝達
  • 個体間のふく射熱伝達
  • 個体の電気ジュール熱 

 

   
流体
  • 複数流体
  • 理想気体および実在気体
  • 非圧縮性および圧縮性液体
  • 非ニュートン液体

 

固体
  • 等方性および非等方性熱伝導性
  • 不透明、透過、半透過
 
特定の境界条件とソース
  • 旋回流とファン
  • 穴あき平板
  • ヒートパイプ 
  • ヒートシンク
  • 熱電冷却器
  • 2抵抗コンポーネント 
  • 接触熱抵抗
  • 電気接触抵抗 
  • 熱ジョイント
  • 発光ダイオード(LED) 

はオプション機能です。

 

 

テクノロジー

  • 従来のCFDツールと同じ、ナビエ-ストークス方程式を使用
  • 数値精度とソルバーの安定性のために、デカルトメッシュを採用
  • 高速で高精度の解析結果を得るために、計算で得た数値と実測から得た数値を併用
  • 乱流の解析には、実用産業アプリケーションの多くが採用している、k-εモデルを利用

 

 

 

トータル工数短縮

フロントローディングCFD

従来の熱流体解析ワークフローでは、設計者ではなく解析の専任者によって、解析が行われます。このフローでは、CADモデルが複雑であるほど、解析準備などに時間がかかってしまいます。

 

FloEFD for Solid Edgeでは、解析をより簡単に、より速くすることによって、設計者が熱流体解析まで行う、フロントローディングCFDを実現しました。新しいワークフローでは、解析の専任者が最終的な検証を行う前に、設計者が解析と設計の改善を繰り返し行うことで、製品リリースまでの全体的な時間を短縮します。

 

 

 

インターネットからは24時間受付

価格や仕様など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。